旦那にバレずに専業主婦でもキャッシングってできるの?

とにかく今月はお金が足りない…。
あと3万円でも5万円でもあれば本当に助かるのに…。

 

キャッシング,バレない,旦那,専業主婦

これが自分の給料を好きなだけ使える独身の人なら、よほどの理由がない限り同情はできませんが、もしこれが主婦の叫びだったら…。

 

家計をいろいろやりくりして、子供や将来のことを考えて、かつ日々の生活を送っていかなければならない。こんなご時世ですから、旦那の給料もなかなか上がらないし、ボーナスだって期待できない…。とくに無駄遣いや贅沢をしているわけでもないのに、お金がない時ってありますよね?

 

こんな時にオススメしたいのがカードキャッシングです。

 

でも、正直、旦那には絶対にバレたくないですよね。あと、専業主婦でも借りられるのかしら?っていう問題もあります。

 

というわけで、今回は、主婦が旦那に絶対に見つからず、キャッシングできる方法を紹介していきます。

 

旦那にバレずにキャッシングするならインターネットからの申し込みが一番安心

キャッシング,バレない,旦那,専業主婦

まずは、旦那には絶対にバレたくない…という問題。これは旦那が会社に出かけている日中に、インターネットから申し込みするのがオススメです。うかつに店舗に出かけて行って、旦那どころかママ友にでも目撃されたら厄介なことになりますものね。

 

ここでさらにオススメしたいのが、簡易的なスピード審査です。最近、各カード会社が自社のホームページ上で行っているシステムで、例えば「レイク」では『お借り入れ診断』というコーナーがあります。

 

これは何かと言えば、あなたがお借入れ可能かどうかを、簡単な4つの質問に答えるだけで診断できるというシステムです。質問項目は、生年月日・本人年収・他社からの借入れ件数・他社からの借入れ金額のみ(20歳未満と71歳以上の人は診断対象外ですが、それ以外の人はOK)。あらかじめこれを試しておけば、いろいろ必要書類を揃えたのに融資が受けられなかった…なんてことはなくなるのです。

 

キャッシング,バレない,旦那,専業主婦

インターネットからの申し込みのメリットは、まだまだあります。

 

まずは、とにかく対応が早いことがあげられます。旦那と子供に「行ってらっしゃい」のお見送りをして、ひと息ついたらスマホからホームページにアクセス。必要事項に答えてみてください。それこそ、洗濯や洗い物をしているあいだに審査結果が出ます。もしあなたがその気になって必要書類をすぐに揃えることができたら、最短で14時までに融資が完了しているかもしれません。

 

ここで補足です。まず、融資が可能という診断が出たら、次のステップは書類への記入と身分証明書の提示になります。カード会社や融資希望金額によっては、収入証明書も必要になってくる場合もあります。で、まずは書類の記入ですが、たとえ自宅にプリンターがなくても大丈夫。出力して記入しても良いのですが、スマホから必要項目を打ち込んでいけばOKです。

 

キャッシング,バレない,旦那,専業主婦

次に、身分証明書の提示ですが、運転免許証・健康保険証など、住所が確認できるものが必須となります。こちらも自宅にスキャナ?などなくても大丈夫。今なら、各社専用のアプリや画像をアップロードするシステムを用意しているので、携帯電話で身分証明書のオモテウラを撮影して、それを送信すればよいのです。

 

また、必要事項の記入の際ですが、電話番号の記入は基本、携帯電話にすることをオススメします。「連絡を取る場合は?」といった質問項目がありますので、そこは迷わず携帯電話にしましょう。万が一、旦那が忘れ物を取りに自宅に戻ってきたり、休みの日に着信履歴を見て「この番号、何?」なんて詮索されるのも嫌ですからね。

 

連絡先を携帯電話にしておけば、必要書類を送ったあとは、基本、携帯電話でのやりとりとなります。最近では、オペレーターは女性が多いですし、無愛想な態度は取られませんのでご心配なく。

 

専業主婦でもキャッシングできるのか?<キャッシング旦那バレない>

キャッシング,バレない,旦那,専業主婦

次に、専業主婦でも借りられるのか?という問題です。

 

これは正直に言ってしまうと、カード会社によってOKなところとNGな所があります。ただし、各社のホームページを覗いてみれば一目瞭然です。融資可能な人の資格の中に、専業主婦という文字があれば大丈夫。ちなみに先ほど紹介した「レイク」は専業主婦でも融資が可能となっています。

 

ただし、誰でも融資が可能というわけではなく、そこには審査があるのですが、この審査基準とはどんなものなのでしょうか? それは、おおよそ以下の項目のようです。

 

@安定した収入があるのか?
A他社からの借り入れはどれくらいあるのか?
B社会的信用があるのか?

 

@は当たり前の話で、借りたお金を返すための方法がない人はダメだということ。高収入である必要はありませんが、安定した収入であることが重要。逆を言えば、安定した収入さえあれば、主婦でも学生でも融資が可能ということです。専業主婦の場合は、配偶者の勤め先や年収などを記入する欄があり、記入は必須となります。

 

Aについては、他社からの借り入れがあまりにも大きい場合、借り入れを断られたり、希望した金額より低い金額の融資になることもあるようです。また、自宅が住宅ローンで購入した財産なのか、あるいは賃貸なのか、会社からの家賃補助はあるのか、などの詳細を聞かれることもあります。

 

Bはどういうことかといえば、たとえ一流の企業に属していたとしても、その会社に何年勤続しているかということも重要だということです。専業主婦には関係のないところですが、カード会社によっては@同様、配偶者の社歴なども聞かれる場合があります。

 

ただ、これらは全て融資するためにカード会社が尋ねているわけなので、正直に答えるべきです。そもそも融資が不可能な人に対して、根ほり葉ほり聞いてきませんからね。

 

専業主婦でも旦那にバレずにキャッシングする会社の探し方

キャッシング,バレない,旦那,専業主婦

ここまでの流れでは、まだ誰一人とも会っていません!そして無事、契約となったら、自分の指定した口座(もちろん旦那には内緒の)に希望金額を振り込んでもらえば良いのです。これなら旦那にバレることはまずありません。

 

また、今後の返済や追加のキャッシングをするために、カードを受けとらなければなりません。その際には契約書も同封されてきます。こちらも旦那がいない平日の日中の郵送を希望してください。万全を期して、お近くの店舗に取りに行くのも良いでしょう。

 

いかがでしょうか。流れはざっとこんな感じです。

 

スマホなどで気になるカード会社のHPにアクセスして、専業主婦への融資が可能かどうかチェックする。→なんなら、スピード審査で自分が融資可能かどうか試してみる。→問題なさそうなら申し込み。→自分の口座に振り込んでもらい、カードや書類等は後日郵送または店舗に取りにいく。

 

これなら旦那にバレずにキャッシングが可能です。

 

専業主婦が旦那にバレないでキャッシングするならどのカード会社が一番オススメ?

それではここから、メジャーな5社(アコム、レイク、プロミス、モビット、アイフル)それぞれの特徴を解説していきたいと思います。それぞれの会社が打ち出しているキーワードで気になるのは以下の3つ。

 

@初めての利用での無利息期間サービス
A審査から融資までの時間が短いこと
B返済と借り入れがいかにスムーズであるかということ

 

このあたりをポイントに、各社のサービス内容を見ていくことにしましょう。

 

新生銀行カードローン レイク

 


「新生銀行カードローン レイク」は、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへと変貌を遂げました。カード会社からの借り入れに対して少し抵抗がある人からすると、これはちょっとした安心材料ですね
利用条件は、満20歳以上70歳以下。安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資! これはポイント高いですね。

 

また、レイクでは2つの無利息期間サービスから選べるようです。即時審査、即日振込もPC、スマホからの申し込みが可能で来店不要。申し込み→借り入れ→返済までもが完結できます。また、セブンイレブンなどに併設されているセブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料(!)。これは素敵!

 

 

 

 

プロミス

 


三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。こちらは、架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみですよね。そして借り入れする場合のメリットとしては、三井住友銀行のローン契約機を使えることなどが挙げられます。プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点でしょうか。もちろん借り入れする際は、インターネット上で申し込みから返済が完結できます。また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

 

 

 

アコム

 


大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になったのはCMなどで放映している通りです。借り入れの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

アコムの最大の魅力もプロミス同様、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロということでしょう。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能。インターネットをよく使っていて、楽天銀行の口座がある人にはいいかも…。

 

 

 

 

 

モビット

 


モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKですが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていないようです…。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示してくれます。この10秒という数字は魅力的ですが、その他のカード会社の場合も、10秒ではありませんが、スピード審査をしているのは前述の通りなので、さほど突出したものではありません。こちらも、インターネット完結の申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

 

 

 

アイフル

 


独立系消費者金融として長年、営業を続けているのがアイフルです。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。借り入れ条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

アイフルも他社と同様、初回30日間無利息を行っています。また、以前アイフルで借り入れしたことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」や、女性専用ダイヤルが設けられていたりします。

 

 

 

 

さて、大手5社で借り入れした場合の契約内容やサービスを比較してみましたが、率直な感想は、ここで挙げたカード会社ならどれを選択してもさほど大差はないということ。正直、どこを選んでも問題ないのではないでしょうか。でもこれは逆に言えば、各社のサービス合戦は一応沈静化した証拠で、借り入れできる枠の増額キャンペーンといった具合に、新規会員はもちろん既存会員へのサービスにも力を入れているのかもしれません。